鍵交換と併せて窓ガラスの強化も検討しましょう

空き巣のほとんどが窓から侵入してくる 空き巣のほとんどが窓から侵入してくる

鍵交換のみではなくガラスの強化も重要

泥棒

空き巣犯はまず窓を割り、そこから手を入れて鍵を開け、堂々と侵入してきます。窓からの侵入を防ぐには、開錠しにくいものへの鍵交換の他にも、割れにくいガラスで対策をすることも重要です。鍵とガラスの2つの側面から防犯を考えていきましょう。

窓ガラスを破壊して侵入するケースの対策

防犯ガラスに交換する
窓ガラスを割り、手を入れて鍵を回し、サッシを動かして侵入するケースが空き巣被害では一般的です。しかし、中には窓ガラスを大きく割って中に侵入するケースもあります。そういった対策のためには、防犯ガラスがおすすめです。防犯ガラスは、ガラスとガラスで中間膜を挟み込み、熱と圧力を加えて接着させることによって割れにくい構造になっています。割ろうとしても時間がかかるようにできており、防犯性に優れています。紫外線のカット機能などを持ち併せているものもあり、生活面でもメリットがあります。
防犯フィルムを貼る
より手軽にでき窓ガラスの防犯対策としては、防犯フィルムを貼って、窓ガラスを割れにくくする方法があります。鍵の部分だけでなく、きちんと全面に貼っておくことがポイントです。防犯フィルムは、外からの空き巣被害対策になるだけでなく、万が一、物がぶつかった場合などの際に、ガラスの飛び散りを防いでくれるという点で、小さな子どもがいる家庭にもおすすめです。自分で貼ることもできますが、きちんと貼るためにはできれば専門業者に依頼して貼ってもらうことをおすすめします。

割れないガラス窓にしよう

空き巣やピッキングの被害を防ぐには、侵入までに時間がかかるようにしておくことがなによりも大切です。なかなか割れないガラス窓に交換する、防犯フィルムで保護するなどの方法で鍵だけでなく、ガラス面の防犯機能を強化しましょう。

窓ガラスの周辺に防犯ライトを設置しても効果的

人が通るとセンサーが反応して光る防犯ライトを設置しておくことも、空き巣対策として有効です。空き巣犯が驚いて犯行をしづらくなるほか、近隣住民からも犯行が見つけやすくなります。防犯ライトの設置は、防犯意識の高い家である抑止力にもなるので、おすすめです。

TOPボタン