鍵交換をするなら補助錠にもこだわろう

空き巣のほとんどが窓から侵入してくる 空き巣のほとんどが窓から侵入してくる

玄関だけでなく窓にも補助錠を取り付ける

玄関からの侵入を防ぐために、玄関の鍵交換をして防犯性を高める人が増えていますが、空き巣犯やピッキング犯の侵入経路は玄関だけではありません。窓からの侵入も大変多いので、玄関の鍵同様に、窓の鍵にも対策をしておくことが大切です。

鍵交換で補助錠を取り付けるメリット

開錠までの時間がかかる
鍵交換でおすすめなのが、メインの鍵の他に、もう1つ補助錠を付ける方法です。鍵の数が増えると、物理的に開錠までの時間がかかるということがポイントです。中でもおすすめなものが、補助錠にオートロックを採用する方法です。オートロックにしておけば、現実的にピッキングやサムターン回しなどから住居を守ることができます。オートロックシステムは、工事や工具が不要で簡単に取り付けができ、原状回復がしやすいものも多く、賃貸に住んでいる人にもおすすめです。
警視庁も推奨
ワンドアツーロックと言って、補助錠を取り付けることは警視庁も防犯対策として非常に有効であると推奨しています。開錠までに時間がかかると、犯人は近隣住民にその姿を目撃される可能性が上がるので、そういった状況を避けようとするでしょう。警視庁の調査報告によると、開錠までに5分以上かかる場合で約半数、10分かかるとほとんどの空き巣犯が犯行を諦めるとされています。補助錠をうまく組み合わせて、開錠に時間がかかるように工夫してみましょう。

補助錠の取り付けは鍵交換業者へ依頼しよう

一口に補助錠と言っても、防犯機能の高さや特徴などさまざまな種類があります。補助錠の取り付けは、鍵交換業者へ依頼しましょう。また、窓の補助錠は結露で錆やすいものでは、頻繁な交換が必要になります。そういったことのないように、鍵交換業者から適切な補助錠の選び方や、最新の鍵の情報を教えてもらえたり、ライフスタイルや目的にあった鍵選びについてアドバイスをしてもらえたりします。特に賃貸住宅に住んでいる人は、原状回復できるものが基本になるので、その辺りも相談してみてはいかがでしょうか。

TOPボタン